「ほっ」と。キャンペーン

kusobaes

Tシャツ と 私?

この前 めがねを買い換えた。
本当は 買い換えるつもりはなかったのだけど
息子のめがねが壊れてしまったので 眼鏡屋さんに行くと
以前使っていて 凄くお気に入りだったフレームが入っているではないですか!!
それも形と色のほとんどのモノが揃っている。 「 今なら選び放題です」 という店員さんの
悪魔の囁きに負けてしまい 息子のめがねを作りに来たのに 自分のモノを買ってしまうという
またしても お得意の力業を使ってしまい 家族の冷ややか視線を一心に浴びながらも
一人ウキウキでした。
このフレーム、おじいさんが一本一本手作りしているので 入荷数が少なく
買うことが出来ないで あきらめて似たようなモノで我慢していたのでした。
めがねを掛けられている人なら おわかりだと思いますが 耳とツルの関係というのが
ひじょうに難しくシビアな調整が求められます。ジャストフィット過ぎると痛いですし
かといって緩いとずり落ちてきて “横山やっさん” の怒るでしかし!!のポーズをずっとやる羽目になります。
ナノで店員の人も真剣です。何度も調整をしてくれてコレでバッチリという状態にしてくれました。
お客様のシャンプーをするときにも全然ずり落ちずに凄く良かったのですが少しフィットすぎました。
夕方頃になると 三蔵法師がお経を唱えているんでは無いかと思われるような痛みが耳の後ろ辺りに起こります。コレも慣れが必要だと我慢していたのですが やっぱり耐えられないと調整し治してもらいに行ったのです。
店に入っていすに座って待っていると 顔なじみの女性の店員さんが満面の笑顔で来られました。
この店員さんは偶然にも家がご近所さんでそれもあって よく話をしてくれます。
今日もそうだと思っていたのですが 「 matuさん そのTシャツ何処で買われたんですか?」 の第一声。
ボクは 古着屋で買ったことを伝えると 「じゃあ もう売ってないですね」 と彼女はちょっと残念そう。
話をよく聞くと 彼女は凄く“郷ひろみ”のファンらしく一目で気に入ったそうで売っているならスグにでも
買いに行こうと思ったらしいのです。
ボク自身 色味とサイズが気に入ったので買ったのですが 言われてみるまで気づきませんでした。
ボクのは背中に “ホーネッツ” と入っているのできっと何かのチームの応援Tだと思います。
ファンってすごいですね!!そういう風に見えてしまうのですから。
でも アメリカだと思っているのは ボクだけで もしかしたら周りはボクのことを
熱狂的な 郷ひろみファンと見られているかもしれません。ゴォ〜〜〜!!(苦笑)

e0136745_18404198.jpg

by matu
[PR]
by kusobaes | 2009-05-21 18:43 | ハエ日記