「ほっ」と。キャンペーン

kusobaes

暗い夜道

e0136745_18145932.jpg

さいきん物騒な事件が増えています。
いつ何時、事件に巻き込まれるかわかりません。
道を歩いてても気が抜けない世の中なんて嫌ですね。
ここのところ、遅く帰ることが多いのですが
真っ暗な夜道というのは、あまり気持ちのいい物ではありません。
子供の頃と違ってお化けが出そうで怖いというんではなく
変なヤツがでそうで怖いのです。(汗)
おっさんがナニ言ってるのと言われそうですが怖いモノは怖いのです。
ボクの家への帰り道はホントにひとけがないのでよけいに怖さが倍増するのです。
そんなボクの怖さ対策があるのですが、一つは大声で歌いながら帰る。
これはけっこうみんなしていると思うのですがボクの場合はこれにノリをプラスするのです。
なんだか演技指導みたいな説明になってきましたが、ぜんぜんそんなのではなく
一言で言えば、こっちのほうが変なヤツになってしまえという作戦です。(苦笑)
襲おうとする人もある程度、人を選んでると思うので 「こいつは危ない」 と思わせるのが狙いです。
ノリノリで、頭も激しく振ったり手も振り回したりしながら自転車を漕ぐのです。
ただ、ナニもない状態でこれを実行するのはつらいのでiPodを聞きながらやるのです。
ナノでその時にかかっている音楽によって動きが違ってきます。
一番効果的だと思うのが、E.YAZAWAの曲です。手や頭だけでなく顔まで動かします。
口を尖らせたり曲げたりと、矢沢の物まねをする人達をもっと誇張してやるので
それはそれは、周りから見たら危なさ120%といったところです。
しかしこの作戦の難点は息子の友達に見られた場合、息子がいじめられることです。(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2009-10-17 18:58 | ハエ日記