「ほっ」と。キャンペーン

kusobaes

アップデート

我が家では iPodをそれぞれが持っている。
最初に買ったのはカミさん。その次にボクが持って、去年に息子がiPodデビューをした。
なので、iPodの世代がそれぞれ違っているのだ。
ボクとカミさんが持っている機種に関しては使っている上でこれといった不都合は
なかったのだが、息子の使っているiPodとはジェネレーションギャップが起こって困っている。
どういうコトかというと、iPodを動かすためのソフトウエアーが僕達の使っているiPodと違っているので
ボクのMacに入っているiTuneでは対応できないというアラートが出てくる。
iTuneのバージョンを合わせようとすると、今度はOSが対応していないという問題が発生。
ならばOSのバージョンアップはどうなってる?とアップルのホームページに行って見てみるが
サッパリわからない。
正直な話し、ボクはこれまでOSのバージョンアップをしたことがない。
ずっと使っていって、壊れて動かなくなるまでそのまま使っていたので経験がないのだ。
まあ早い話がお金を出して買ってくださいよと言うことみたいだ。
それにしても、コンピューターの世界というの上手いことするな〜と思う。
すっごい商売上手だ。だからビルゲイツもあんなに金持ちになるのだろう。
ユーザー側はどうやってもお金がいるようになっている。
ただ単にインターネットを見るだけならばパソコンが壊れない限りナニもしなくてイイのだろうが
少しだけ文明的な生活をしようと思うならば、たたみかけるように攻撃をしてくる。
「これもいりますよ。 これも買ってくださいね。そうしなければ使えません。」
どないやね〜〜ん!! iPodを買い換えたらパソコンまで買い換えないといけないというような
状況が起こりうるこのシステム。勘弁してくださ〜〜い。オッチャンはこれ以上ついて行けません。(涙)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2009-10-22 19:40 | ハエ日記