kusobaes

風邪は万病の元

e0136745_176561.jpg

すっかりカゼをこじらせてしまい、毎日点滴を打ちに病院通いのmatuです。
咳も止まらず鼻水は汚いまま。しまいには顔中が痛くなってきたので
病院に行くと 「副鼻腔炎になっています。それに気管支炎になっていて
肺炎手前ですね。」 と先生からありがたいお言葉をいただきました。(苦笑)
気管支炎や肺炎はなった事があるので分かるのですが “副鼻腔炎”って?
初めて聞く単語なのですが、何でも骨にはいっぱい穴が空いていて
そこに菌が入っていってどんどん増えていくらしいのです。
普通は鼻水となって外に出ていくのでたくさん増える事がないのですが
今回ボクの場合は、粘っこいのが鼻の奥にいて外に出なかったので
身体の中でどんどん増えて悪さをしていたらしいのです。
この状態が悪化すると蓄膿症になったりする事もあるみたいです。
ほんとにギリギリセーフといった感じです。
自分でも鼻をかむと、いつまでも青っぱなというか汚いのがとれないので
これはヘンだなーとは思っていたのですがそんな事になっているとは思いもよらなかったです。
昔、息子が小さい頃片方の鼻からだけ青っぱなが出続けているのでおかしいなと
思っていたのですが、ある日くしゃみをしたときに鼻の先から少しだけ黒いモノが。
すぐさま息子に 「そのまま!!」 と叫び寝転がらせてよく見てみると何だかいるみたいです。
おそるおそるつまんで引っ張り出してみると、中からおしゃぶり昆布が出てきました。(笑)
どうやら自分で遊んでいて入ってしまい取れなくなっていたらしいのです。
ビックリするやら可笑しいやらでしたが、それっきり青っぱなは消えてくれました。
そんな事を思い出しながら、もしかしてボクの鼻の中にもおしゃぶり昆布が?と
ボーっとする頭で考えるmatuなのです。(苦笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2010-01-08 17:08 | ハエ日記