kusobaes

なまえ

e0136745_16405797.jpg
ウチの犬は “ポー”。
ネコは “グリコ” 。
先代のネコは “セロリ” という名前だった。
たいがい名前を聞かれて答えると はあ〜? といったリアクションのあと
着けた理由を聞かれる。聞かれて説明するのだけれどもたぶん自分達の
想いの半分も分かってもらえていないと思う。
まあ、それはそれで良いと思うし自分達が気に入っていれば周りから
いくら笑われようとかまわない。むしろヨッシャといった気持ちのほうが
大きくなってくる。(笑)
だけどもこの前、友達家族がカットに来てくれたとき、まったく逆の立場になってしまった。
友達のところには小学2年生の双子の男の子がいる。
この子達がイヌを飼いたいらしく、2年前位前からサンタクロースにお願いしているのだけれど願いは叶わなかったらしい。
しかしこの度、お父さんから出された課題をクリアーすればイヌを飼っても良い事に
なったらしくボクのところに相談に来たみたいなのだ。
まだ2年生なのでどんな犬種が欲しいのか分からないらしく
どんな感じのイヌが良いの?と聞いても 「ちっちぇえの!!」と言うだけ。
しかし犬種は決まってなくても名前だけはもう決めたらしく
どんな名前にしたのか聞くと 「ヒロシ」 はぁ〜? 
「なんで?なんでヒロシなん?」と思わず聞いていた。
その子達にしてみればヒロシが気に入ってるんだからしょうがないだろう。
ほっといてくれ説明しても分からないだろうといったところでしょう。
それはまさしくボクがいつも感じている事でしたが、自分の考えの範囲を
超えた場合は人って聞いてしまうモノなんですね。
ボクもこれからは、丁寧に答えるようにしたいと思います。

それにしてもなんでヒロシなんだろう?(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2010-02-02 18:37 | 銀塩photo