「ほっ」と。キャンペーン

kusobaes

やっぱりオカン

e0136745_19574387.jpg

昨日、家族みんなで話をしていると息子の話からオカンの話となり
やっぱりオカンはスゴイ!!ということになりました。(苦笑)
それは息子が小学6年生だったころ、メガネを忘れって行った事に
気づいたオカンは、勉強するのに困るだろうと思い学校まで届けに行ったそうです。
学校に着いて息子の教室が分からないオカンは先生らしき人を見つけ
「 すみません、六年生の教室はどこでしょうか?」
しかし、尋ねられた先生は 「六年生?」 といった反応で、これは聞こえなかったのかと
「あの〜、六年生の教室を教えていただきたいのですが?」 ともう一度より丁寧に聞いたらしいのです。
しかし、またしても「六年生の教室ですか〜?」 と反応が悪い先生。
若干イライラしながらも、ここは孫の学校だから丁寧にと思いそれからまだ同じような感じで
やり取りをして10分ぐらいの時間が過ぎた頃、先生の口から衝撃的な言葉が。
「あの〜、ここは中学校ですけど?」 ハッとしたオカンはそこからそそくさと逃げ去り
校舎から出たところで一人大笑いしていたそうです。(苦笑)
しかし、尋ねられた先生は困ったでしょう。なんだこのば〜さんは。
あらてのいやがらせか?と思って怖かったと思います。
それにしても現在中学生で、去年までの6年間通っていた小学校に行ってしまうのならば
分かるのですが、まだ通ってもいない学校に行ってしまうオカン。
挙げ句の果てに尋ねた先生に対して 「はやく気づけっちゅうねん!!」といってのけるオカンはスゴイです。(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2010-02-19 19:58 | ハエ日記