kusobaes

年齢・・・

e0136745_1341756.jpg


先日、ウチの息子が足をグッリ〜〜ンとなってギブスで固められている
という話をしましたが、これにはサイドストーリーがありました。
息子が怪我をしたのは先週の日曜日。
その日は学校は休みなのですが、先輩達の試合も近いということで
休日返上で朝から練習に行っていました。
そこで怪我をしてしまったものですから、病院も開いてなく
怪我の判断をしてもらうには、救急で診てもらうしかありません。
僕らは仕事をしていたので、息子が怪我をしたことさえも知らず
オカンが病院から「今、診てもらっているから」と言うのんきな感じの
電話で事の次第を初めて知ったような状態です。
まあ生きるか死ぬかというような怪我ではないので、オカンもいつも以上に
呑気さを醸し出していたのでしょう。
診察室である男の子が話しかけて来たそうです。
その男の子は幼稚園の年長さんだそうで、具合の悪くなった
お兄ちゃんの診察について来ていたそうです。
「今日は誰がわるいん?」「どうしたん?」「なんでそうなったん?」
そんな風に矢継ぎ早に質問を投げかけて来ます。
その質問にひとつひとつ答えながら、オカンもいい時間つぶしじゃわ!
と相手になっていたそうです。
そしてその男の子も質問するネタが無くなって来たのでしょう。
最後の質問が「おばちゃん歳いくつなん?」困った時の年齢の質問です。
質問されたオカン。「おばちゃんは27歳よ!!」としれ〜っと答えたそうです。
その答え方が大阪のおっちゃんのように、冗談でんがな〜といったような
オーバーリアクションならその男の子も良かったのでしょうが
あまりにも自然体でオカンが答えるもんですから、その男の子は
自分の中での思考と分析回路がショートしたらしく「エッ!!」と言ったまま
固まってしまったそうです。そこへちょうど診察が終わった息子が出て来たものですから
固まったままの男の子のリカバリーもしないまま帰って来たそうです。
息子の怪我もそうですが、幼稚園児もその陰で怪我をしてしまったという
非常に可哀想で切ないお話でした。(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2011-05-11 14:56 | ハエ日記