kusobaes

はじめの一枚

e0136745_1525210.jpg

写真をはじめて、いつも言ってきたこと。
 「人が撮りたい。笑顔が撮りたい。」
そんなことをいいながら、恥ずかしくて声をかけれず撮るのは後ろ姿ばかり。
これじゃあ笑顔どころか怒っている顔も撮れっこない。
こんなことではいつまでたっても撮れないぞぉー!!
勇気をだすんだ〜〜と心に誓ってはや三ヶ月。
今回ようやく実行に移すことが出来ました。

母の日の贈り物を物色しに、カミさんと天満屋へ。
そこでたまたまやっていた神戸展にフラ〜と立ち寄ってみたら
革で作った感じのいいペンケースを売っていました。
値段もリーズナブル。なんにするべぇ〜?といつも悩みまくるところなのですが
これはイイのをみつけたと喜んでお買い上げです。
お店のお兄さんが実際に使っているペンケースも展示してあって
それがなんともいい味になっているのです。
そんなモノを見ていると欲しくなって、オカンとお揃いのペンケースというのは
気が引けたのですが自分用にも買ってしまいました。
ペンケースが気に入ったのもさることながら、お店のお兄さんの
感じの良さで購入したという所もあります。
なんともいい笑顔で 「あ〜、このお兄さんの写真撮りたいな〜」と思ったので
素直にお願いしてみました。
お兄さんは快く撮らせてくれたうえに、この満面の笑顔です。
ボクは見ず知らずの人にお願いして写真を撮らせてもらったのは
はじめての経験だったので焦ってしまい、構図も露出もダメですが
ボクにとっての“はじめの一枚”となり、そういった意味では記念すべき一枚です。
声をかけることの抵抗感が、チョッピリだけ無くなった様に思うのですが
さてさて、今度はいつ撮れるのでしょう?

by matu
[PR]
by kusobaes | 2011-05-20 18:20 | 銀塩photo