kusobaes

ひさしぶりに・・・

e0136745_18532652.jpg


まず始めに断わっておきます。
今回のブログの記事は、非常に不快な思いを抱かせる恐れがあります。
お食事中の方、又はこれからお食事をされる方は非常に危険ですので
お気をつけ下さい。それでは始まります。

この間の事です。
kenさんのところでピザパーティーに呼ばれた時、「最近、ウン○踏まんよな〜」
「だいたい、イヌのウン○が落ちてないが」などと、いい大人の会話とはほど遠い
ガキのレベルな話で盛り上がるオッサン達。(苦笑)
その時はこんな恐ろしいことが起こるとは、全然思いもしなかったのです。
昨日、店が終わってポーをゲージから出すと、すっごくおしっこに行きたそうに
外を見るので散歩に連れて行ったのでした。
車で来ていればそのままポーを連れて帰る事が出来るんですが、この日はVespaで
来ていたもんですからカミさんが連れて帰らないと行けません。
必然、のんびりと散歩をする訳にも行かず手近にすまそうと、近くにある
舗装をしていない駐車場に行ったのでした。
そこは街頭もなく真っ暗です。ポーは臭いを嗅ぎ回りおしっこポジションを探して
ウロウロするのです。早くしてくれと後をダラダラとついていくボクの足下で
イヤな感触が。これは遥か昔に経験した事のある感触だと、遠い遠い思いを
巡らせていたのですが、受け入れたくない自分が強く、「ここは土だからヌカルんで
いたんだと」自分を納得させ店に歩き出したのですが。歩く足に伝わる感触が
すっごくイヤなものに感じられ、恐る恐る見てみると 嫌〜〜〜〜〜!!
そこには口にするのも恐ろしいものが。急いでこすりつけるは、足ふみするなど
してみたのですが、奴は放れてくれないのです。
さらに悪い事に、ソールが凹凸の大きい靴を履いていたもんですからガッチリと
奴は張り付いているのです。慌てて店に戻り洗ったのですが・・・・・。
カミさんには「クサいクサい」と言われ、小学生時代にタイムスリップ
したかの様にいじめられた経験がよみがえってきました。
この歳になってまさかイヌのウン○を踏むとは・・・。(汗)
カミさんには「ウン○野郎」と呼ばれています。(苦笑)
皆さんも気をつけてください。

by matu
[PR]
by kusobaes | 2011-11-30 22:05 | ハエ日記