kusobaes

大切なベルト

アジアンな洋服店を営む、まさみさんからベルトのバックル直しを頼まれました。
マレーシアで買った思い出深いベルトなそうな。

そんな大切なベルトを僕に直せという時点で失敗だと思うけど。
ベルト穴に通すピンが固定された珍しいバックル。
真鍮製のようだが折れた部分の断面を見るとどうも違うような。
難しそうだな、こりゃ。
まぁ、真鍮ならロウ付けをしてみましょう。
ロウ付けは部材と部材を加熱して、そこへロウを流し込む継ぎ技法。
では、やってみましょう。
e0136745_1826354.jpg

と、と、溶けた・・・
大切なバックルが・・・
やっぱりアルミだった。真鍮ならこんな温度で溶解するはずが・・・
どうやって言い訳しようか・・・

こうなりゃ、ピンの自作だ。
角真鍮棒を削って本体に合わせてみた。
e0136745_18262265.jpg

本体そのものも、真鍮かどうか怪しいので半田付けに変更。
ロウ付けの方が強度は高いが他に方法がない。
慎重に半田を乗せていって、あとはヤスリ掛け。
e0136745_18263777.jpg

なんとか付いた〜
本体を磨いても、真鍮色が出てこないので純真鍮製ではないようだ。
うん、納得。
これで、我慢してもらおう。
ベルトのバックル修理完了。


by fuku
[PR]
by kusobaes | 2011-12-03 18:23 | ハエ日記