「ほっ」と。キャンペーン

kusobaes

タイムラグ

e0136745_16492672.jpg


デジタルカメラが出て来て何年が経つのだろう?
出て来た当初は画素数は低く、出来上がった画像も悪く
オマケに電池の持ちも悪く使えたもんじゃなかったが
今では価格も安くなり、カメラ屋さんや家電量販店に行くと
熱心に選んでいる人たちを良く見かける。
今や誰もがデジカメの一台は持っていると思われ
写るんです!!を鞄に忍ばせている女子高生なんかいないだろう。(苦笑)
今でも時々写ルンですを売っている姿を見る事があるが
誰が使っているんだろう?今のコ達は存在すら知らないだろうし
「フィルム?意味分かんない!!」って言われそうだ。
もしかしたら使い方も分からないかもしれない。
お正月に家族で初詣に出かけた時、いつものようにカメラを首からぶら下げて
撮っていたら息子が「たまにはオトンを撮ってやる」と言うので
カメラを手渡すと、まずピントというものが分からない。
二重像をあわせてとと言ってもピンとこず、ようやく理解したと思ったら
今度はシャッターが分からない。ボクとしてはシャッターはフィルム巻き上げ
レバーの所にあるに決まってるだろうと思ったが、よく考えたらデジカメに
巻き上げレバーなんて付いている訳もなく分からないのも当然かと
時代の違いをヒシヒシと感じました。
フィルムカメラを触っての息子の感想はと言うと「めんどくせぇ!!」でした。
お前らガキに分かってたまるか!!と本当にジジ臭い発言を新年から発した
ボクでした。(苦笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2012-01-12 17:34 | 銀塩photo