kusobaes

キンカン

e0136745_20214843.jpg


昨日は金環日食の話題ばっかりでしたね。
そんなことを言いながらも、ボクもしっかりと騒ぎにのっかっていました。
正確にはしっかりとではなく、静かにのっかっていたと言う方が正しいのですが。
どうも土曜日の夜、仕事が終わってから片付けをしていると首にクキッという音と
ともに小さな違和感があり、時間とともにその小さな違和感が痛みに変わり
最後には猛烈な痛みとともに首が回らなくなると言う状態になりました。
いわゆる“ぎっくり腰”ならぬ“ぎっくり首”とでもいうのでしょうか
ぎっくり腰を経験した事のある方ならわかっていただけると思います。
とにかくそんな状態なもんで、上を見るのも一苦労なのですが
せっかく何十年だか何百年だかのできごとと聞くと、ミーハー魂が黙っておりません。
用意してあった日食グラスを手に、上を見上げたのですがはっきり言いまして
三日月と変わりません。あまりにも太陽のパワーが強すぎて光っていると
太陽のまんまなのですから、神秘という感じではなかったです。
ソレよりも、月が太陽を最大に隠す状態になると辺りが暗くなりその様子が
一番神秘的であり心がざわついた瞬間ではありました。
これならば日食を見るのではなく、完全に暗くなる日食を感じに行ってみたいとは
思いました。ここ岡山で完全なる日食がボクが生きている間に起こるのかどうかは
わかりませんが、その現象に出くわす事が出来たならジジイになっていても
思いっきり楽しみたいです。当然、日食グラスは持たずに・・・・・。(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2012-05-22 20:48 | ハエ日記