kusobaes

節電

e0136745_1736921.jpg


梅雨も後半を迎えて暑さも厳しくなってきました。
我が家では毎年この時期に、いつからクーラーをつけるか?とゆう
攻防が繰り広げられます。
基本的に冷え性なボクはクーラーをつける事をギリギリまで
我慢する事が出来るのですが、息子とカミさんは暑いのがまったく苦手です。
いつもならクーラーを稼働さすポイントとして考えるべき事案は
我が家の経済事情なのですが、いまは日本全体としての電力事情まで
加味しないといけません。
原発反対の気持ちを持っているボクとしても、少しは節電に協力せねばと
息子とカミさんを一緒の部屋で寝させる事に寄って、一部屋分のクーラーを
稼働させない事にしたのです。(笑)
息子もカミさんも、いまの日本の状況では仕方が無いと渋々了承しました。
そして昨日、夜の暑さに寝られないと悲鳴を上げていたカミさんから
非常事態宣言とクーラー再稼働を宣言され、息子のベッドを動かす事にしたのですが
このギリギリの状況になって息子、まさかの再稼働拒否です。
まあ再稼働拒否というより、はっきり言えばオカンと一緒の部屋で寝る事への
拒否なのですが、カミさんとしても高校生の息子と寝る事に抵抗を感じていたのに
あからさまに拒否されるのは嫌らしく「なんで一緒に寝んのん?あんたいったんはOK
したが!!」と詰め寄ります。そして息子から出た一言。
「オレにもプライベートは必要なんよ!!」まあ、ごもっともです。(苦笑)
とゆうか、息子にオカンと一緒に寝ろといったときに「コイツはよくすんなりとOKするな?」
と不思議に思っていたので、ボクとしては高校生の男の子としては正常な反応だと
納得しているのですが、頭ではわかっていても心が辛い母親の心は、この梅雨空と同じく
ドンヨリとしたものが残っているのでした。(苦笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2012-07-12 18:25 | ハエ日記