kusobaes

GPT

e0136745_15291935.jpg


実はここ数ヶ月、このGPTとの戦いでした。
でしたと過去形になっていますが厳密にはまだ戦っているところです。
いきなりGPTといってもなんのこっちゃ?といったところだと思うのですが
よくγーGTPなどと言った数値を健康診断で聞いたことがあるかと思いますが
コレは肝臓の数値を表すものでボクも詳しいことはわからないので省きますが
ざっくりいってこの数値が高いとよくないのだそうです。
といってもボクのことではなく、ポーの肝臓が急に悪くなっていたのです。
ある日食べたものを急に吐きだし、変なものでも食ったかと思って様子を見ていたのですが
吐きだした頃と同時に尿の色が赤くなり慌てて病院に連れて行きました。
初めは先生も膀胱炎じゃないかなと話しながら検査をしてみると肝臓に関する数値が
すべて悪くそれもその数値も異常に高くなっていました。
こうなると人間の肝臓が悪い方と同じで黄疸の症状が出てきます。
もう本当にビックリするぐらい目の白目の部分が黄色くなっているのです。
あとよく見ないと毛で覆われているのでわかりにくいのですが、肌色の部分までが
黄色みがかってます。
病院では点滴を打ちレントゲンを撮りとばたばたです。
あとはどうするんだろうと思っていたら、とにかく薬を飲ませ当分通ってくれとの話。
そこでまた点滴をし、血液検査を行い数値の動きを細かくチェックしていくらしいのです。
毎回々々成績発表を待つ心境でドキドキです。成績なら上がっていることを願うのですが
今回は下がっていることを願わないといけません。
最初は微妙な数値の下がり方しかなく、そのたびに肩を落として帰ることになっていたのですが
徐々に下がり始めあともう一息というところでまた数値が上がりガッカリするということの
繰り返しでした。
しかしそれもこの間の検査でほとんどの数値が改善して来て、まだGPTの数値が正常値よりは
高いのですが最初の数値に比べると十分の一以下に下がって来ているのでひとまず安心と
いったところらしいのです。
ただ肝臓の治療は食事療法が大事らしく、低脂肪のフードじゃないといけないらしく
当然おやつなど食べれません。今までカミさんからおやつをもらうことを楽しみにしていた
ポーですが自分の体が悪いなどおかまいで欲しがります。(苦笑)
じっさいポーじしんはメッチャ元気ですし食欲もすっごくあります。
なのでいたって変わりがないように見えるのですが、数値だけが悪いんです。
しいて変わったところと言えば、毛の色がどんどん茶色になって来ていて、黒ラブというより
チョコラブのようになっています。(笑)
とにかくひと安心といったところでしょうか。
鬼のような食欲を見せてくれるポーに、食べれるうちは大丈夫と強く思う今日この頃です。

by matu
[PR]
by kusobaes | 2013-09-06 19:36 | ワンコ