kusobaes

映画のはなし

e0136745_12415066.jpg


明日で11月に突入。と言う事はのこり2ヶ月となってしまいました。
めっちゃはや〜って感じで、いつもならここで「なんにもできなかった〜」と
反省と後悔と残念さがないまぜになり心がざわざわとした気持ちになるのですが
今年はちょっと違います。
正月気分が抜け切らない成人の日の頃、「今年は最低でも1本“映画館”で映画を観る」と
宣言をし、その言葉の通りせっせと観に行った映画。昨日数えてみたら15本になっていました。
映画マニアの人達に比べたら全然少ない数ですが、ボクの人生の中で“映画館”でこんなに
観たのは初めてです。
元々映画は好きなので家でビデオやDVDなどはよく観ていました。
なので一年間で映画を見た本数と言うのは全盛期の頃の方がもっともっと多かったですが
この“映画館”で観ると言う行為にこだわりたかったのです。
映画を観に行ってるという話をお客さんにすると「ひとりでよく行くな〜!?」と言われます。
確かに映画館に行くとたいていカップルか家族、あとは友達同士で来ているパターン。
一人で来ている人は非常に少ないですね。
ウチの息子にも「オトン、ひとりでいってへいきなん?」と言われるので、やはりちょっと
特殊なのでしょう。
ただ、けっして友達がいなかったのでもなく、彼女がいなかった訳でもありません。(苦笑)
友達とワイワイ言いながら行く事も好きですし、彼女と行く事も嫌ではありません。
当然家族で行くのも楽しいですし息子と行くのも楽しいです。
息子が生まれて楽しみにしていた事の一つに、いっしょに酒を飲むのが楽しみとよく聞きますが
ボクは息子と映画を観に行くのがスッゴク楽しみでした。
しかし、ひとりで観に行くのもすっごく好きなのです。(笑)
これはたぶんボクが一語一句聞き逃したくないからと言う事と、映画に行って帰るまですべてが
楽しいからだと思います。
本編が始まる前の予告なんてすっごくワクワクして観ています。
明るかった館内が暗くなり予告が始まるとドキドキしてきます。
当然本編も楽しむんですけど、なぜか予告が大好きでしょうがないんです。
そんなに好きな映画館にしょっちゅう行っているんだから文句は無いだろうと思われるでしょうが
ここで一つ問題が。予告と言うだけに2ヶ月程先の上映映画を
宣伝する訳です。それも配給会社、上映館それぞれが一押しの映画ですから当然何回も予告を
挟み込んでくる訳ですから必然的に目にする回数が多くなってきます。
毎月観に行っているボクとしては同じ予告を何度も観るようになってしまいます。(汗)
ある意味予告を楽しみに映画館に行っていると言ってもいいボクのモチベーションがだだ下がり。
思わぬ落とし穴にすっぽりとはまり込んでしまったのでしたmatuなのでした。

by matu
[PR]
by kusobaes | 2013-10-31 19:22 | 映画の話