「ほっ」と。キャンペーン

kusobaes

構図

e0136745_17201831.jpg


構図についてプロの写真家さん達が話している特集がカメラ雑誌に載っていていたので読んでいたのですが、ある写真集を見ながら解説をしている部分で下から見上げる構図の写真を少し気持ち悪いと表現していました。コレは決して悪い意味で言っているのではナイのでしょうが気になります。
ボクもローライを使っていて、どうしてもカメラの構造上の問題で胸の位置に構え覗き込む姿勢になるので、撮った写真は下から見上げたような画になってしまいます。
確かに下から見上げた画は人物だと少し太って見えると思うので、特に女性を撮らせてもらう場合は
思い切り引いて撮るか座ってもらうしか無いですよね。
ポートレートの場合自分で思っている所より一歩前に出て写せと聞いた事があるのですがどうしたものでしょう?
ボクがアンドレ・ザ・ジャイアントかカリーム・アブドゥル・ジャバーぐらい背があれば上から見下ろした画が撮れるのですがオチビなボクには無理な話です。皆さんはどうやって撮っているのでしょう?
このままだと脚立を背にくくりつけて歩くか、ロンドンブーツでも履かなきゃいけません。
どうも今日はたとえがものすごく古くさい事になっていますが、わからない場合はググってみてください。きっと新しい世界が開ける事間違いありません。(苦笑)


by matu
[PR]
by kusobaes | 2013-12-18 17:44 | 銀塩photo