kusobaes

あせった〜

e0136745_10334096.jpg
ラブラドールなど耳が立ってなく耳の穴を塞いでいる犬種は
耳が悪くなる事が多いのです。
ポーも小さい頃から耳が悪く、ちょっと油断しているとすぐに悪くなり
イヤなニオイをまき散らします。
そのためイヤークリーナーなるもので耳の掃除を定期的にしてやらねばなりません。
掃除の仕方としては、液を耳の中に直接入れ耳をふさいでもんでやるのですが、ポーは
この耳掃除が非常に嫌いで、ボクがイヤークリーナーのボトルを持っただけで途端に
意気消沈し、いくら呼んでも『だるまさんが転んだ』をしているのかというぐらい
二、三歩ずつ歩いては止まり近寄って来ません。(苦笑)
ようやく諦めて近寄って来ても1回すると切れてそこら中を走り回って掃除が進みません。
なので朝の散歩から帰って来たらリードを柱につないで逃げられないようにしてから
掃除を始めます。
しかしポーはよっぽどイヤなのでしょう。怒られるのでボクの体の横に座ってはいるのですが
出来るだけ逃げようとからだをそらします。ボクは液がこぼれないように耳で急いでふたをしてと
素早さが求められるので必死です。それは柔道選手の襟の取り合いのような光景が繰り広げられます。
この日もいつもと同じように一進一退の状態でポーと対峙していた所、急にポーが倒れ引きつけを起こし
だしました。ボクは焦りポーの名前を叫びながら平手でたたくとバッと起き上がりポーも非常に焦った顔で
何が起こったのか分からないといった様子でまとわりついて来ました。
あまりにもの嫌がり方で、いつもよりよけいに体を反らせた結果、頸動脈に首輪がかかり柔道で言う所の
『落ちた』状態になったようです。(焦)
ビッックリしたのと。自分の不注意が招いた申し訳なさと、大事にならずに済んだホッとした気持ちが
いっぺんにごちゃ混ぜになり、ポーを抱きしめ泣き笑い状態でした。
朝も早くから大声で叫んだと思ったらイヌを抱きしめ泣き笑いしているオッサンを近所の人達は、さぞ気持ち
悪かった事でしょう。(苦笑)
とにかく無事だったという事で、自分の中でやれやれと良かった良かったと気持ちに整理をつけて家の中に
入ったのですが、家の中でも外の異変に気づいていたカミさんに「どうしたん?」と聞かれ、一部始終を
話した所思いっきり叱られたのは言うまでもありません。(苦笑)

by matu

[PR]
by kusobaes | 2014-08-02 11:25 | ワンコ