kusobaes

晴れ後雨

e0136745_14320339.jpg
やっと晴れました!!
空が青いってこんなに気持ちよかったんだというコトさえ忘れてしまうぐらいご無沙汰でした。
観たい映画があったのですが、こんなに気持ちイイ日にわざわざ屋内にいるのも野暮ってモンです。
ちょうど整備から戻って来たVespaに乗って岡山県のおへそにある友達の所までツーリングがてら
遊びに行ってきました・・・と言いたい所ですが、嵐を呼ぶ男matuの異名をもつボクのことですから
只では終わりません。(苦笑)
ガソリンを満タンにし準備万端。整備もバッチリで快調に走る愛車に気分も高まり、信号の無い山道を
走り抜けて行きます。青い空が気持ち良く、止まっていれば暑く感じる日差しも走っているとちょうど良い
温度に感じられ絶好のツーリング日和です。走っているとおもわず顔がほころび『気持ちいい〜』という
言葉が繰り返し口からこぼれます。
皮や鞄の工房をしている友達の所は被写体に困りません。鞄にカメラを詰め込み今日は思う存分
写真が撮れると、流行る気持ちを抑えながらもトコトコと走って行きます。
何度目の『気持ちいい〜』がこぼれでたときでしょうか?後ろタイヤに違和感が・・・んっ?
いったんスピードを緩めて走ってみるとなんともなさそう。もう一度アクセルを開けた瞬間、後輪がズルズル。
あわてて停車してタイヤを見るとパンクしてる〜!!その瞬間、今まで幸福感に包まれ明るい光に覆われていた
ものがイッキに真っ黒になり『気持ちいい』を連呼していた口から出た言葉は『終わった・・・』でした。
時計を見るとまだ午前10時30分。なんなら前の晩に遅く帰って来たサラリーマンがゆっくり起きたぐらいの
時間で、これから休日が始まるぞといった時間です。
しかしそんな思いにふけっている場合ではなく、今度はどうやってレスキューしてもらうか考えなければ
いけません。最悪、自分で押して行こうかとも考えたのですがパンクしたタイヤの抵抗力は思った以上に
大きく5m押してみたところで諦めました。
しょうがなくカミさんのオヤッさんに頼んで救出してもらうことに。迎えに来てもらう間の一時間は通り過ぎる
人達にジロジロと見られ「見るだけでなく、助けようとはしないんかい」などと心がやさぐれている時は
人間ダメですね。考え方もやさぐれてしまいます。
そんなこんなでカミさんの実家まで送ってもらい、Vespaは助けに来てもらった修理工場では治らないらしく
整備士の方の知り合いのバイク屋さんに直してもらうことになり預けておくことになりました。
帰りの足が無くなったボクはオヤッさんに備中高梁駅まで送ってもらいおもわず電車の旅をすることになりました。
帰りは急ぐでもなしのんびり車窓の眺めでも楽しみながら帰るべかと思っていたのですが、駅についてすぐ
タイミング良く滑り込んで来た電車は特急やくもでアッという間に岡山駅まで着いてしまい、思い描いたのんびり
電車旅も出来ずドタバタしただけの休みになってしまいました。
帰って家族に話すと呆れられ「また〜」といったリアクションが。
そのリアクションに、自分で思っている以上にやらかしてんだな〜と再認識した秋晴れの休日でした。(苦笑)

by matu


[PR]
by kusobaes | 2014-09-09 19:26 | ハエ日記