「ほっ」と。キャンペーン

kusobaes

新年に思うこと・・・

e0136745_18452433.jpg
最近、ドラマや映画などで煙草を吸うシーンが減っていると聞きました。
記憶に新しい所ではジブリ映画の“風立ちぬ”の中での喫煙シーンが多すぎるとカットを求められたという
騒動もありました。
確かにタバコの害というものも医学的に認められていますし、吸っていない人にまで副流煙の被害が及ぶという
意見もわかります。
しかし表現の上においての閉め出しはいかがなものでしょう?
ボクは何でも『表現の自由』と言う言葉で片付けるのは好きではありません。
しかし事実としてあることを残したり表現したりすることは大切なんじゃないのか?隠して奇麗な世の中ですね!!って
いうのは違うのではないかと思うのです。
ましてや広告料が入らなくなるから異を唱えないっていうことの方が大きな問題じゃないのか?と新年に思ってみました。

by matu

[PR]
by kusobaes | 2015-01-13 19:00 | ハエ日記