「ほっ」と。キャンペーン

kusobaes

愛情・・・

e0136745_17544045.jpg

なんとなく涼しくなってきた今日この頃、みなさん夏の疲れはでてないでしょうか。
我が家では、息子がさあ2学期が始まるぞといったとたん風邪をひいてしまい早くも皆勤賞を逃す事になりました。
夜は咳がひどくこちらも気になって寝られません。自分の意思で夜更かしをしているぶんには
平気なのですが、眠ろうとしているのに眠りを妨げられるのは非常に辛いです。
おなじ睡眠時間でもあきらかに後者の方が眠たいです。おまけにどうも風邪をもらったらしく
喉は痛くなるし、身体はだるいしといった感じ。
ポーの散歩も息子の番なのですが当然こちらに回ってくる始末。
息子も明日は学校に行けそうだという前の晩に 「明日もポーの散歩は俺なんかな?」 と
カミさんに聞くと 「うん!!」 と一言。母親というのは普段は口やかましく厳しいことを言っている割には、こういう時は非常に甘い!!息子はもう回復してきているし、何よりも若い。
それに引き替え、こちらはこれから悪くなっていく状態。それにもうオッさん化してきていて体力もなくなってきている。どうみてもこっちのほうが安静にしていないといけないのではないかと
思うのだが、血の繋がりには勝てない。ましてや息子に対しての母親の愛情というのは並大抵ではないらしい。旦那の弁当は適当に作っているみたいだが、息子の弁当となると気合いの入り方があきらかに違う。息子の弁当を作り出したら、自分の弁当のおかずが豪華になったと
友達に聞いたことがある。なるほどこういう事かと我が家でも最近、たびたび思うことがある。
そういったことが積み重なって、息子と父親というのは永遠のライバルなのであろう。
弁当ぐらいでと言われるかもしれないが、たかが弁当されど弁当。弁当ぐらい愛情がこもったものはないと思うのです。やはり食い物のうらみは恐ろしいのだ。(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2008-09-04 18:45 | ハエ日記