「ほっ」と。キャンペーン

kusobaes

昔と今

e0136745_15233736.jpg

今日、公立高校の入試試験で合格ラインをクリアーしている生徒でも服装や態度を見て不合格にしていたというニュースを流していた。
ワイドショーなどでも取り上げていたのだが、すごく?マークが頭の中に浮かんできた。
何がそんなに問題なのだろう?
確かの公立高校であるという事を考えれば規約というか入試条項にはっきりと示さないのはいけないのだろうが、そもそもが入試試験である。合格させてもらうには印象が大事であると思う。
聞けばチェックの項目というのが頭髪、髪を染めていないか、眉毛を剃っていないか、服装が乱れていないか、ピアスをしていないかなどの社会において常識的な基準を見ているだけだと思う。
自分の仕事の上でも最近は入試試験前に髪をカットしにくる子供達がすごく少なくなっている。最近はすごく基準が緩やかなんだなと思っていたのだけれども、僕らの頃はどんなに普段おかしな髪型をしているヤツでも試験前にはみんなで揃ってカットしにいったモンだ。
それが少なくともこの学校に行きたいという意思表示だと思うのだが。
入社試験にしてもみんな揃ってリクルートスーツで回っているはずである。
それをまだ親の監視下まっただ中にある15歳の子供達が合否の判定をつけてもらいに行くにおいて身だしなみぐらいは整えていくのは当たり前だと思うのだが?
中学の先生やましてや親たちはそんな当たり前のことさえも指導できなくなっているのはどう考えてもおかしいと思う。
マスコミも当たり障りのないことばかり言わずこういったときぐらいこんなの当たり前と言って欲しい。ましてやこの事を行った校長先生を更迭した教育委員会というのは何に対して気を遣っているのだろう?
それともこういったことを思っているボク自体がもう古いと言われるのだろうか?
言われるのであれば、ボクはこういったことに関してはいつまでも古い人間でいたいと思うのだがみなさんはどうおもわれたのだろう?

by matu
[PR]
by kusobaes | 2008-10-30 15:59 | ハエ日記