「ほっ」と。キャンペーン

kusobaes

捜し物

e0136745_194289.jpg

何処にしまったかな?と思いながらそのままにしているモノって結構ある。
その中の一つに本がある。
買ったのはいいが、パラパラとめくっただけで後からじっくり読もうと
置いたまま行方不明になってしまうことも多い。
フッとした瞬間に思い出すのだが又そのままになってしまう。
この間の休みの日、かみさんに前々から言われていた部屋の掃除をすることになった。
部屋というか物置に使っていた場所の片付け。普段の生活において、この部分が片付いて
いなくてもさほど困らない場所なので気が乗らなかったのだがブチブチと文句を言われ
続けられるのもイヤなのですることにした。
すると出てくる出てくる、行方不明になっていたモノが。
今更出てきてもという物から、今だからこそのタイミングで出てきたモノまでみつかった。
その時に見つけた一冊の雑誌。つい一週間前に頭をフッとよぎったところだ。
約5年前のブルータス、ブルース・ウエバーの特集号。
80年代以降、世界のトップブランドの広告を数多く手がけたフォトグラファー。
まだ無名な頃のマット・ディロンやリバー・フェニックスなどポートレートを
残している。
それとあと一つ。大の愛犬家でもある。実生活では沢山のゴールデン・レトリバーと
暮らしている。
彼の写真からは愛犬たちとのほのぼのとした生活が伝わってくる。
カルバンクラインの広告写真もすごい作品だと思うが、愛犬たちを写している作品の方が
見ていてこちらまで幸せになってくる。
嫌々始めた掃除だったが思わぬプレゼントをもらった気がした。
枕元において寝るときにゆっくりと読もうと思っていたのだが喉がイガイガする。
どうやら、埃まみれの所をマスクもせずに掃除をしていたせいで風邪までもらったみたいだ。
やっぱり嫌々するとろくな事がない。(苦笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2009-02-26 19:04 | ハエ日記