kusobaes

大原家

e0136745_1784440.jpg

しつこいようだが美観地区。決して倉敷市のスポークスマンではありません。
今日も昼過ぎまで仕事に行っていて、昼食を近くの定食屋さんで食べて大原美術館の中庭で休憩していました。
上の写真はその大原美術館の中庭ですが、ここのベンチにに座って雑談というか大原家のうんちくを年配の大工さんに教えてもらいました。
上の写真の展示室の際は小さな池になっていて、大原美術館に展示されているモネの「睡蓮」のモデルになった睡蓮から株分けされた睡蓮が植えられていること。
(今は睡蓮咲いてなく汚いです)
大原家というのは三大財閥とまでは行かないけれど大財閥で、
大原美術館を開館させたのは大原孫三郎というクラボウ創設者の三男だということ。
この人がクラボウを改革したりクラレを設立したり中国銀行の頭取になったり(それで古い中国銀行が美観地区にあるのか)児島虎次郎という人に絵画を買いに行かせたらしい。
ちなみに児島虎次郎の記念館がアイビースクエアにあるそうな。

大原美術館の川向かいにはもの凄いデカい大原家の自宅がある。
「それが大原家じゃ〜」と言われ、えっ!?これがそうなん? デカっ!
瓦も全部別注で作らせたそうです。

何度も来てる美観地区ですが、今まで何にも知らずにただふらふらしてただけなので今日は勉強になったというか、大原家の凄さにちょっと感動を覚えたのでありました。

by fuku
[PR]
by kusobaes | 2009-03-05 17:45 | ハエ日記