kusobaes

<   2009年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

前後に注意

e0136745_18544931.jpg

仕事の帰りに、このもみじマークに前を塞がれ後ろには若葉マークがピッタリと。
どうすりゃいいのさ〜〜〜!
もみじが急ブレーキでも踏もうものなら、若葉に追突されそうで怖かった。
対面車線の一車線道路なので追い抜くこともできない。

案の定、もみじは訳の分からんところでウインカーを出したのでありました。
あれでよくも、まぁ事故らんもんだなぁ〜
恐ろしや、恐ろしや・・・


※サッカーファンなら必ず見るであろうスペインリーグのクラシコ(FCバルセロナ対レアルマドリード)
日本時間の昨日の夜中に放送なので録画しておいた。
うひょ〜楽しみだ。これから見るとしよう。
応援するのはもちろんバルサ。
決めろ!イブラヒモヴィッチ!

by fuku
[PR]
by kusobaes | 2009-11-30 19:06 | 1/2★Club

食い過ぎ

e0136745_15455059.jpg

さ・て・と。
LEICAと露出計を持って走るか〜!
とはいえLEICAは持ってないけど・・・


もし早く起きれたら、50キロばかり走ろうと思っていた。
でも起きたら午後1時半を回っていた。
頭はぼ〜っとするし、体はだるいし。
昨日は忘年会で、もちろん午前様。一次会で焼き肉をたらふく食べ
夜中の2時過ぎに味噌ラーメンを食べて帰ったら腹がパンパンで気持ち悪かった。
だから昼飯もあんまり欲しくない思っていたが、ふら〜っと出かけてなぜだか
伊達に行きカツ丼とスープを食べてしまった。
なんたる食生活。
腹が出てくるはずだわ。

by fuku
[PR]
by kusobaes | 2009-11-29 16:07 | 1/2★Club

待ち時間

e0136745_19504090.jpg

夜、ポーの散歩をしていると誰も乗っていないと思われる車の中が
緑色の妖しい光で覆われている。
ちょっとびくびくしながら近づいて見ると、座席を倒して携帯電話で
一生懸命メールをしているお兄ちゃんがいた。
友達と待ち合わせをしている間に彼女とメールのやり取りでもしているのだろうか?
それならば、たとえ友達に待ちぼうけを食わされても楽しく時間が過ごせるだろう。
ボクが高校生の頃は携帯電話なんてモンはなかったので、女の子と待ち合わせをして
1時間も2時間も待った思い出がある。あれはあれで結構楽しかった思い出があるが
時間つぶしの道具があればもっと気楽に待てただろうなとも思う。
今の若い子達は、携帯にiPodと便利なもんがいっぱいあって羨ましい。
携帯なんかがあれば待ちぼうけを食うこともないだろうし、彼女が遅れていても確認の
電話を入れればいいことだしその辺は非常にスマートに行くだろう。
でも、逆に言えば本当に来るのだろうか?とか、事故にでも遭ってるんじゃないだろうか?とか
色んな思いや考えで頭の中がグルングルンになりながらも待っている。
そして、結局5分の時間差で出会えなかったなどという甘酸っぱいドラマを体験することは
今は出来ないというのは非常にもったいない気がするのはボクだけだろうか?
まあ、実際はあのころに携帯電話があったら楽しかっただろうな〜とすっごく思っている。(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2009-11-27 20:13 | ハエ日記

修理キット

俺の、俺の、俺の話を聞け〜〜〜♪
と、クレイジーケンの歌が帰りの車のラジオで流れてた。
まぁ、そんなことはど〜でもいいんだけど。
e0136745_19151076.jpg

はて? 
この小さな箱はなんだべな。
e0136745_19191969.jpg

答えは自転車のパンク修理キットでありました。
パンクした箇所に貼るのがもったいないような可愛いパッチが付いております。
顔に似合わず、女子チックな色を買ってみました。

似合わん色とか言わないよ〜に

by fuku
[PR]
by kusobaes | 2009-11-26 19:22 | mono

泥沼

e0136745_16445396.jpg

友達の紹介で来てくれている後輩二人組。
偶然にも彼ら二人ともカメラが好きなんだそうだ。
ひとりは CONTAX T2 を持っているらしく
もうひとりは、Leica Ⅲ f を持って遊んでいるみたいだ。
ボクは両方とも実物を触ったことがないので
一度触らせてもらおうと来店してくれるのを心待ちにしていたのだけれど
そういったときに限って、なかなか来てくれない。
ようやく来てくれたと思ったら、Leicaは金欠で売ってしまったという。
しょうがないので、逆にローライの良さを熱く語った。(笑)
そしてこの二人を紹介してくれた友達を撮った写真を見せたら
ローライの魅力にとりつかれたみたいで、さっさとオークションでポチッと
いっときなさいと言っておいた。
これで二眼の泥沼仲間が二人増えそうだ。(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2009-11-25 20:47 | ましかく写真

成長・・・

e0136745_16503084.jpg

kusobaes メンバーkenさんのジュニア。
こうやって友達の子供達の写真を撮っていると、ちょっとくすぐったいような
懐かしいような不思議な感じがする。
ジュニアも、あと数年するとkenさんと初めて出会った歳と同じになってしまう。
どんな風に育っていくのだろう?
授業を抜け出しインスタントラーメンを買ってきて、ストーブでラーメンを
作って食べたりするのだろうか?
小学校の夜中のプールに忍び込んで遊んだりするのだろうか?
体育倉庫にエロ本を隠したりするのだろうか?
小学校の校庭で二手に分かれて、ロケット花火で撃ち合いをして遊んでいると
暴力団の抗争に間違えられパトカーを呼ばれて大騒ぎを起こしたりするのだろうか?
こんな事をしたら、きっとお父さんは怒り狂うだろう。
自分達がしてきたことなど棚に上げたまま。だから子育てってオモシロイ(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2009-11-24 18:05 | ましかく写真

どうよ

e0136745_19455998.jpg


神主A  「おまえ、テストできた?」
神主B  「う〜ん、ボチボチ」
〃〃A  「エ〜、まじぃ〜。じゃあ、2−Aはなんて書いた?」
〃〃B  「太宰府」
〃〃A  「うそ〜!! 俺、出雲って書いたよ〜。やっべ〜」

といったことを話しているのかは分かりません。(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2009-11-22 19:52 | ハエ日記

せっかくの連休が

今日の飲み会は面倒くさいと昼頃は思っていても
行けば行ったでボケ具合がなかなか快調だった。
他の者に「もう帰るのか!」と言われながら、明日自転車に乗りに行くという安倉くんと一緒に帰った。



明日に疲れは残せないのだ。
せっかくの連休だけど、研究会で二日間アルミでコップ作りのサポートを。
e0136745_23315585.jpg

まぁ、頑張りましょうかね〜

by fuku
[PR]
by kusobaes | 2009-11-21 23:36 | ハエ日記

大山まで

e0136745_1917435.jpg

蒜山の帰りに、せっかくだから大山まで足を延ばしました。
行きたいところは2カ所。
ひとつは大山の登山口にあるモンベルショップ。
もうひとつは、ここ植田正治写真美術館。
e0136745_19214526.jpg

鳥取砂丘をテーマにしたモノクロ写真が展示されています。
スナップ写真ではなく、完全に演出された作品なのですが、人物の頭が切れていたりと
どう解釈していいやらサッパリ?
目を懲らしてみて、分かろうとするも凡人にゃ〜深すぎてちんぷんかんぷんでした。
分かるときが写真の腕が上がった時なのか?
う〜ん、どうしたもんだ。
e0136745_19282960.jpg

正面に見えるのが大山。
もやがかかっていて山頂が見えませんでした。
残念!

by fuku
[PR]
by kusobaes | 2009-11-20 19:31 | ハエ日記

IWGP

e0136745_18562480.jpg
いまさらだけど “池袋ウエストゲートパーク” を読みました。
数年前、この本がドラマ化になって放送されたとき
友達に勧められて観たところ、いっぺんにハマッテ
それからは毎週楽しみに観ていました。
ところが、なぜか最終回をいまだに観ていないのです。(汗)
ちょうど最終回の時、用事で観られなかったので
ビデオに撮っていたのですが、観るタイミングを逃したまま
最終回を録画したテープが行方不明になってしまい
そのまま月日が流れ今に至っています。
よく本が映画化されたときなど、原作を先に読んで映画を観るか
逆に、映画を観て原作を読むかといった話を聞くことがありますが
今回の本に関してボクは、本に出てきた登場人物達とドラマで演じた
俳優さん達が見事にあっていたので、どっちが先でもオッケーだったなと思います。
それに、主人公を演じたTOKIOの長瀬智也さんがボクは好きだというのもあるんですけどね。
あっ、決して変な意味ではないですよ。(笑)
趣味思考が似ているのとボクの目から見た感じすっごくイイヤツだと思うのです。
こいつはツレが多いンじゃないかとも思うのです。
男が惚れるとでもいうのでしょうかイイ友達を沢山持っていそうなのです。
この辺の感覚は、女性達にはわかってもらえないかもしれませんが
男にとってのイイヤツ基準というのがあるのです。
昔よく、女の子に友達を紹介してもらうときに 「すっごく可愛い子なんよ〜」という言葉に
どんだけ胸を躍らせ、またどんだけ複雑な気持ちになったことか。(苦笑)
いまならば、全体を通しての可愛さということがわかる年齢になりましたが
あの頃の上っ面しか見られない薄っぺらなガキにはその言葉の深さなど
分かるはずなどありません。(笑)
今のこの選球眼を持ってあの頃に戻ったらどういった感じだろう?と思いました。
でもそんな何でも分かってしまったら、青春なんてひとっつも面白くなかったでしょうね。
やっぱり若いときは未完成で未熟でバカだから面白いんだと思った本でした。(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2009-11-19 19:47 | ハエ日記