「ほっ」と。キャンペーン

kusobaes

<   2013年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

命日

e0136745_18294575.jpg


親父が亡くなって丸3年になります。
それに合わせて叔母が下関から遊びに来ています。
久しぶりに家族が増えてにぎやかな感じです。
親父の話を笑って出来るようになった家族達。
それぞれがそれぞれの思いを持ちながら命日をすごします。
イイ供養になっているんじゃないかとボクは一人喜んでおります。

by matu
[PR]
by kusobaes | 2013-02-27 18:41 | ハエ日記

叫び

e0136745_200481.jpg

叫びの肖像モニュメントにも行きました。
この像は桜島に向かって雄叫びを上げているそうですが、何を叫んでいるのでしょう?

溶岩で出来ているとは、これまた帰ってから知りました。
(気付けよ〜!)


by fuku
[PR]
by kusobaes | 2013-02-25 20:13 | 旅行

166回目

桜島は今回初めて行ったと思っていましたが、
kenさんにお土産を持って行ったとき修学旅行で行ったと言っていました。
記憶が飛んでる・・・

と、いうことで大人になって山を好きになってからの桜島は見応えがありました。
島中、火山灰が凄いことになっているんですね〜

e0136745_2033354.jpg

溶岩展望所というところに行きました。南岳を正面に見ることが出来るんですね。
活動中の火山を見られて興奮ぎみです。8合目あたりの火口からは絶えず煙が舞い上がっています。

e0136745_2075947.jpg

南岳をバックに記念撮影。
ここは360度のパノラマで反対側は錦江湾が見えます。
皆それぞれいろんな方角を見たり写真に収めたり。
そのとき、

e0136745_2019842.jpg

ドッカ〜ン!!
もの凄い爆発音で昭和火口が噴火しました。その威力にびびる展望所にいる全員。
爆発した直後は、「こっちに来るぞ〜!!」と慌てましたが、必死にカメラを構えていました。

e0136745_20232274.jpg

e0136745_2024186.jpg

火山灰が東側斜面に。

e0136745_20251791.jpg

ズームでないので拡大してみました。

e0136745_20383612.jpg

この爆発で仲間の2人は『しゃれにならん』と、とっとと避難して降りていきました。
僕らが上で、「おい、逃げたぞ!逃げたぞ!」と叫ぶもんだから一人は途中で躊躇して
いや、俺は冷静だというような顔をしていました。
旅行中、この事件で大笑いしあごが痛くなるのでありました。

それにしても、丁度展望台にいるときに噴火を目の当たりに出来て自然の驚異とともに
いい思い出が出来ました。

この時の気象庁の発表です。
火  山:桜島
日  時:2013年02月17日13時58分(170458UTC) 第1報
現  象:爆発
有色噴煙:火口上400m(海抜4000FT)で雲に入る
白色噴煙:
流  向:北
---
高層風 1704Z
850-20029
700-26036
500-30067
火口:昭和火口
今年166回目

まだ2月半ばなのに166回目って。
ちなみに、この17日は164回目から168回目の5回噴火が観測されたことになります。


by fuku
[PR]
by kusobaes | 2013-02-23 20:44 | 旅行

ニャン、ニャン、ニャン

e0136745_16571222.jpg


今年もこの日が来ました。ニャン、ニャン、ニャンの日。
そう、猫の日です。
ひと昔前は全然言ってなかったのですが何時頃からでしょう?猫の日になったのって。
猫好きの人は知っていても興味の無い人はなんのこっちゃ?でしょうね。
マスコミもコネタのひとつとしてサラッと伝える程度でした。
それが今年は結構見かけます。猫の日ですよ〜というメッセージを。
不景気だからちょっとでもイベントに結びつけてがんばろうとしているんですかね?
ウチの猫は、今日は自分が主役だという事には全然気づかず朝からコタツにもぐりこみ
丸まっていたのですが、どうやら暖まりすぎたようでボクが出かける頃にヨロヨロと
出て来て、板の間の冷たい所でのびていました。
そんなグリコはサウナから出て来たオッサンのようでした。(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2013-02-22 17:14 | ハエ日記

熊本城

熊本城にも行きました。
日本三名城のひとつ。

e0136745_2043264.jpg

加藤清正の傑作。
長期戦に備えるため、至る所に井戸があることや壁にかんぴょうを埋め込んでいたことや
畳には芋蔓が使われていたことや、ちょうど旅行前にBSで放送していたので
知ったかぶりを発揮できました。

e0136745_20555296.jpg

難攻不落の武者返しを登ろうとする子供。
子供に登りきられては、石垣の設計者の清政公もがっくりでしょ〜

閉門間際に行ったので、あまりゆっくり出来ませんでしたが一応見学出来たということで。
さくらの名所だということは帰ってから知りました。



by fuku
[PR]
by kusobaes | 2013-02-21 21:07 | 旅行

くまモン

e0136745_209710.jpg


くまモンの関連売り上げが293億円とニュースに出ていました。
そんな所にfukuさんがくまモンのお土産を持って来てくれました。
とってもタイムリーな感じです。
fukuさんありがとう!!
コーヒーは飲めないので柚子ネードと一緒に頂きます♪

by matu
[PR]
by kusobaes | 2013-02-20 20:13 | ハエ日記

阿蘇

土、日、月と2泊3日で南九州旅行(熊本、鹿児島)に行きました。
熊本はこれで3度目、鹿児島は高校の修学旅行以来2度目でした。

九州新幹線にて、まずは熊本へ。
岡山から2時間半で着きます。バスで行ったときには10時間以上掛かったのに。
最初にレンタカーを借りて阿蘇へ向かいました。

e0136745_0105228.jpg

阿蘇パノラマラインから見る中岳火口。
空気は澄んでいるがめちゃくちゃ寒い。5度以下。

e0136745_0155033.jpg

草千里と烏帽子岳。烏帽子岳は阿蘇五岳のひとつ。
夏だったらな〜と思う景色。

e0136745_0172821.jpg

中岳火口に着きました。この日はこれ以上近づけません。
ここからでも、活火山の威力を感じることが出来ました。
しかし、なんちゅ〜寒さじゃ。0度〜2度。

この中岳火口は山頂ではありません。
なので、数年のうちに必ず中岳山頂と阿蘇五岳の最高峰、高岳に登ってやるぞと思いました。



by fuku
[PR]
by kusobaes | 2013-02-20 00:26 | ハエ日記

ゼロ・ダークサーティー

e0136745_13395968.jpg


ゼロ・ダークサーティーを観に行ってきました。
本年度アカデミー候補に挙がっている作品らしく、上映されると聞いて
ぜひとも観たいと思っていました。
9.11から10年の歳月が過ぎ首謀者とされるビンラディンをアメリカ政府は
ようやく見つけ射殺したとニュースで聞きました。
詳しい内容はあまり日本では取り上げられてなかったように思うのですが
今回この映画でビンラディンの居場所を探し当てたCIAの女性職員の視点で
描かれた映画を観る事に寄って色んな事を考えさせられました。
ボク自身テロという行為は絶対賛成が出来るものでもないですし、あの9.11で
犠牲になった3000人の遺族の事を思えばビンラディンを殺せと言う気持ちも
わかります。
もしボクの知人、肉親があのテロに巻き込まれて犠牲となっていたらその憎悪の
感情はひどいものだった思います。
ただ、今回ビンラディンの居場所を突き止めてシールズが捕獲および射殺に行く訳ですが
そこには当然家族達がおり、幼い子供達もいます。その子供達や家族の目の前で
自分の父親が殺される訳ですから、やはり憎悪の感情は繋がって行く事でしょう。
そう考えるとこの憎しみのループは何時終わるのか?と非常に考えさせられました。
そしてこの女性CIA職員が 最後にビンラディンの遺体を本人であると確認した後に
輸送機に乗って飛び立つ瞬間涙を流すのですが、この涙にすごく色んな意味が含まれて
いるのだと感じました。仕事の重責からの解放、9.11で犠牲になった人達への思い
今回の捜査に寄ってテロで犠牲になったCIAの同僚達の仇討ち的思い、そして最後に
その色んな思いをひっくるめながらも、テロリストとはいえ命というものを結果自分の
意思で終わらせてしまった事への贖罪の気持ちが含まれてたのではないかと思いました。
最後にこの映画を見て、面白かったとは決して言えない映画の内容(テーマ)でしたが
見てよかったと思える映画でした。やはり戦争というものが早くなくなって欲しいと
あらためて強く思う夜でした。

by matu
[PR]
by kusobaes | 2013-02-18 14:12 | 映画の話

食べたいもの、食べたくないもの

e0136745_1321452.jpg


昔テレビで見たアニメの中に出て来る食べ物で無性に食べたくなるものがありました。
この話題になると真っ先に出てくるのが、初め人間ギャートルズに出て来る骨付き肉。
それからコレまたよく言われるハイジのパンやチーズ。
チーズと言えばトムとジェリーに出て来る穴の開いたチーズ。
あんなチーズはボクの家の近くのスーパーでは見かける事なんてありませんでした。
ほかにも、おソマツくんの中に出て来るチビ太がいっつも持っているおでんや
おばけのQ太郎の小池さんのラーメン等々沢山ありすぎて思い出すだけでも大変です。
ここに上げた食べ物は後に、そのものを再現するという事で商品化され売り出されたものも
沢山ありますがやはりあの頃に見たアニメの中のイメージを現実に再現するのは
非常に難しく食べてみると感動よりもガッカリする事の方が多いように思います。
でもコレは仕方の無い事で、それぞれが頭の中に思っている味なんて、それこそ
100人いれば100通りの味があると思うので、コレ!!って言うものはなかなか
決められないでしょう。
ただあの頃の夢を叶えるという意味では非常に良いのではないかと思うのです。
その様にアニメの中には色々食べたいものが出て来ていましたが、逆に絶対食べたくナイ物のひとつに
ポパイのほうれん草の缶詰がありました。オリーブがピンチのときに駆けつけるポパイ。
駆けつけてみたものの屈強な相手に返り討ちに合い、ピンチに陥った時ほうれん草の缶詰を
食べると途端にパワーがみなぎりやっつけてしまうと言うシーン。
この時のほうれん草の缶詰というものに、ホウレンソウが嫌いでない僕でも決して美味しそうには
見えず、ましてや日本ではほうれん草が缶詰になっているという事自体が未知との遭遇でした。
今に思えばアメリカではキャンベルの缶詰にそういったラインナップがあり非常にポピュラー
なものだったのでしょうが、matu家でのほうれん草の食べ方と言えばおひたしが定番でした。
なのでおひたしの缶詰って?と幼心に?マークがあたまの中でイッパイに広がり決して食欲中枢を
刺激するものではありませんでした。それに追い討ちをかけるようにアニメの中に出てくる
ほうれん草の缶詰の食べ方は、ポパイが缶詰を握り潰し半液体状になったように見えるほうれん草を
食べると言う画に、美味しくなさそうと言う感情が毎回わき起こるのです。(苦笑)
多分あの時代のアメリカ人の子供達はほうれん草嫌いが多かったのかもしれません。
そしてその嫌いな食べ物のひとつであるホウレンソウを食べる事によってこんなにもマッチョに
強くなれるんだよと言う情操教育だったのかもしれませんがボクには逆効果としか思えませんでした。しかし幸いにもボクはほうれん草嫌いにならずにすんだのはmatu家においてはおひたしが
スタンダードであるのでまったく別物と頭の中で判断する事が出来たのでしょう。
もしポパイが缶詰を開けて食べる前に鰹節をかけていたなら、ボクは今頃椎茸のほかにほうれん草も
嫌いと、食卓に着くたびに宣言しないとイケナイ所でした。(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2013-02-15 13:49 | ハエ日記

休日の過ごし方

e0136745_12295818.jpg


相方のfukuさんは思いっきりアウトドアを満喫しているブログをアップしているのに
まったく正反対にインドアな生活を送っているmatuです。(苦笑)
最近はようやく体調も戻り食欲も旺盛になって来ているのですが、約2ヶ月間
家にこもっていたのですっかりこもり癖がついてしまい、もっぱら読書してテレビ見て
寝てを繰り返す休日となっています。外の寒さがよりやる気を失わせダメなオッサン
一丁上がりといった所でしょうか。
こんな事ではイカン!!動きださねばと思い、ようやく重い腰を上げ動こうとしている
のですがやっぱり寒さには勝てず、リハビリ、リハビリとつぶやきながら
まずは料理でもとクッキーを作ってみました!!(笑)
なかしましほさん、の本を去年見つけて一時よく作っていたのですが、ここの所
まったくやる気も起こらず作っていませんでした。
久しぶりに作ったクッキーはちょっと失敗をしましたが、コレはコレでイイか!!と
映画を見ながら作っていたらアッという間に一日が終わり、今日が祭日だという事も
気づかずすんでしまいました。
いい気分転換ができたのかなという気持ちになったのですが、ひとつ残念な事は
せっかくクッキーを作ったのにコーヒーと一緒に楽しめない事。
去年の暮れから散々胃が痛いと騒ぎまくったおかげでカミさんから一生コーヒー禁止
命令が出ているのです。カミさん曰く、いったん許すとバカみたいに飲みまくるから
一生禁止位じゃないとダメらしいです。しょうがないのでクッキーを作る合間に
ショウガハチミツを仕込んでおきました。コレで冷え性もおさらばしたいと思います。
もちろんショウガハチミツを作ったときに出たしょうがの皮は天日で干しています。
e0136745_17512532.jpg


こうやってみるとオッサンではなく、どんどんおばあちゃんになって来ているみたいです。(笑)

by matu
[PR]
by kusobaes | 2013-02-12 17:51 | matu料理