人気ブログランキング |

kusobaes

HEROES

e0136745_16375765.jpg

最近、はまっているドラマがある。HEROESと聞いて“キムタクの?”と思う人も多いかもしれないがアメリカのテレビドラマシリーズのHEROESのほうだ。
『 24  』 (トゥエンティー・フォー)にもはまったが、ジャックのやり過ぎな感じにも飽きてきた頃で
次のドラマを探していた。
映画はシリアスな社会派な物が好きなのだが、スパイダーマンやXメンといったマーベルコミック物もけっこう好きだったりする。
『 24 』はもしかしたら自分達が知らないだけで現実にこんな事があるかもしれないと思うドキドキ感があったが、HEROESはこんあことはありえないと言う現実離れしたところが面白い。登場人物のそれぞれが、色んな特殊能力を持っていてその力に驚く者や喜ぶ者など様々な反応を見せる。
見ていて、ボクにもこんな能力があればいいなと思う物の一つに“時間を止める”というものがある。この能力を使うヒロ・ナカムラという日本人の青年がいる。
このドラマにおける中心的人物なのだがアメリカのドラマだけに描かれている日本人や日本自体がどうも中国などと混同されているところがあるように思う。
実際演じている俳優さんも日本人でない人も多いみたいだ。
日本人という設定なので日本語をしゃべっているシーンも多いのだが、かなりのカタコト日本語だ。
アメリカでは当然字幕が出ているのだろうし、見ているのもアメリカ人ばかりだろうから気にはならないだろうが日本人のボクからすると気になることだらけだ。
どんなときにも挨拶をするときはお辞儀をする姿には、アメリカでの日本の印象というのはこんな感じなのだなとちょっと笑ってしまったりもする。
インターネットが普及して、日本にいても地球の裏側にいてもほとんど同じ情報を手に入れることが出来る現在でも、まだまだ正しく伝わっていないんだと痛感させられるドラマだ。
じゃあ、日本で描かれているアメリカないしアメリカ人というのはアメリカの人が見るとやはり違和感を感じてしまうのだろうか?
これはやっぱり、なんとしてでもアメリカをこの目で実際に見てみないといけない。
まだハワイしか行ったことがないのに、アメリカ大好きと言ってもな〜。
早く原油よ下がってくれ〜〜〜!!

by matu
by kusobaes | 2008-09-19 17:30