人気ブログランキング |

kusobaes

タグ:Nokton Classic 40mm F1.4 ( 52 ) タグの人気記事

おまちかね

e0136745_17392946.jpg


朝のジョギングから帰って来たら、必ず玄関で待っているグリコ。
それもこのポーズで♪
基本的に外には出していないので、外に出る時は誰かがダッコして
いないと出る事が出来ません。
朝はみんながバタバタしているので、グリコをダッコして散歩する余裕が無いのです。
なので一番暇そうなボクのとこにばっかりやって来るのです。(苦笑)
そんなときの鳴き声はなんとも可愛らしく、本当に猫なで声でボクなんかは
コロッとやられちゃいます。
そんな姿をみたカミさんは「甘いな〜」と鼻で笑います。
ボクに娘がいたら、きっと振り回されていた事でしょう。(苦笑)

by matu
by kusobaes | 2013-07-25 17:53 | ニャンコ

見守っています

e0136745_1812878.jpg


巣立ちしたツバメが外を飛び回っています。
その様子を親鳥の気持ちで見守っているグリコなのでした。(笑)

by matu
 
by kusobaes | 2013-07-18 19:51 | ニャンコ

好物

e0136745_181645100.jpg


左が茄子の畑で、右はまだ何も出て来ていませんが黒豆です。
オヤッさんが丹誠込めてどちらも作っています。
今でこそ好きな物の一つと言える茄子ですが実はだいっ嫌いでした。
でもオヤッさんが一生懸命作る物を、嫌いの一言ですます事も出来ず
がんばって食べれるようになりました。(苦笑)
それに引き換え黒豆は大好きです!!
正月の黒豆の煮たやつは好きで一人で食べてしまう程です。
でも黒豆の本当の美味しさはまだフサの中に入っている状態。
つまり枝豆のときに食べるのが一番美味しいのです。
ウチの親父が生きていた頃は、黒豆の枝豆の時期が近づくと「まだか、まだか?」の
コール&レスポンスがやかましくカミさんが実家にとりに行っていたもんです。
そんなみんなを虜にしてしまう枝豆ですが、コレが一瞬の時期にしか食べられず
その時機を逃してしまうとイッキにやる気を失われてしまうのです。
元々が小豆や大豆と同じように黒豆の完成品というのはあの硬い黒い豆の状態を
言うのであって、枝豆は未完成な状態なのです。完成品の状態になってはじめて
お金に換えられるのですから、いくら美味しいからといって途中でバクバクと
食べていたらオヤッさんのへそくりが無くなってしまいます。(笑)
しかし、それでもあの誘惑には勝てずボクらは未完成の枝豆を食べてしまうのです。
姪っ子もこの枝豆のおいしさに目覚めて、毎年枝豆だけの為にリュックを担いで
一人バスに乗ってやって来て、リュック一杯につめて帰って行くそうです。
他の事はゆずれても枝豆だけはゆずれない、熱き戦いが今年も繰り広げられそうなのです。

by matu
by kusobaes | 2013-07-17 18:46 | ハエ日記

薔薇

e0136745_1828191.jpg


薔薇って漢字で書ける?
もちろん、書けれませんとも エッヘン!!

正直薔薇だけでなく、結構の漢字が思い出せず書く事が出来なくなっています。
だって予測変換してくれるんですもの。(苦笑)

by matu
by kusobaes | 2013-07-11 18:33 | ハエ日記

第三者

e0136745_17412562.jpg


最近、自分自身が見えずに行き過ぎちゃったりしてる人多いですよね。
○○市の市長とか、○○のコミッショナーとか、○○の理事長とか
○○警察署の副署長などなど自分立場を守ろうとしているのか壊そうと
しているのか分からない事をしますよね。
これでイイと思ってやったり言ったりしているんでしょうが、端から見たら
スゴック滑稽に見えるんだけど当の本人には見えないんでしょうね。(苦笑)

by matu
by kusobaes | 2013-06-25 20:12 | ハエ日記

しわ寄せ

e0136745_175066.jpg



息子の部活も先週の試合で終わり一区切り。
これで一応、第一線から退き引退という事だそうです。
これから就職組はバタバタと企業の選定に入り決めていかないと行けません。
月曜日にはさっそく三者懇談が行われ、カミさんが学校に行って今年の就職
状況の説明を受けてきました。
すると今年は例年求人を出してくれていた企業が軒並み求人ゼロという状況。
それも大手の企業ほど新卒の高校生を穫らない方向らしいのです。
通常ならば成績上位のコたちが行く企業の求人が無くなった結果そのしわ寄せが
下に波及し、例年ならば楽々と行けていたであろう企業の就職が途端に難しく
なっているのです。
我が息子もご多分に漏れず、勉強もせず部活ばかりやっていたモノですから
成績が非常に優秀とは言えません。
それでも例年並みの求人状況ならば息子の成績でもそこそこの優良企業に
行けていたのですが、どうやら一気に苦しい状況に陥ってしまったそうで
先生にももう少し企業の選定を練り直して来なさいと言われたそうです。
不況で企業も苦しいのだからしょうがないのかとも思っていたのですが
先生の話では、希望者全員を65才まで雇用の義務化する法案の改正に伴い
新卒者の就職に影響が出ているそうなのです。
これも政府の年金の引き上げを狙っての改正なのでしょうが、年金制度の破上は
政治家と役人のせいであって、それを都合のいいように変えていく事には
腹正しさを覚えます。
年金は若い者が支えると言いながらも、若い者の就職を邪魔しているのでは
本末転倒ではないかと思うのですが?
まあボクら自営業者は年金がもらえると言っても元々が微々たるモノですから
あてにはなりません。死ぬ前日までハサミを握って働くのでしょう。(苦笑)
by kusobaes | 2013-06-19 17:05 | ハエ日記

ベジタリアン

e0136745_18523576.jpg


このまえ、ポーのワクチンを注射してもらおうと病院に行ってきました。
最近は動物病院も予約が出来るみたいで、予約の電話を入れたときに
受付のお姉さんに少し質問されます。
元気ですか?食欲はありますか?お変わりありませんか?などなど。
「え〜まったく持って元気ですし何も変わっておりません」と答えて電話を切りました。
受診の当日、診察室でお医者さんからも予約を入れた時と同じ質問をされ
コレまたボクも「何も変わりないと」毅然と答えました。
「それでは体もチョット診ておきましょう。診察台にポーちゃんを乗せてください」
と言われ、ビビって腰が引けているポーを抱え上げ診察台に乗せます。
動物病院の診察台というのは体重計の役割もあって乗せるとデジタルで現時点の
体重が表示されます。数字が行ったり来たりと安定せず落ち着くのを待って見てみると
ビックリ!!去年よりも8キロも増えていたのです。
先生もカルテで去年の体重と見比べて「良く太りましたね」と一言。
そして次の言葉は直ちに体重を落としてくださいでした。(苦笑)
体重増加の原因は分かっていておやつの食べ過ぎです。
今まで存分に食べていたおやつが急に無くなるのは可哀想だと
カミさんはタッパーに野菜スティックを作ってポーに食べさしています。
キュウリにニンジン、ダイコンとシャリシャリ音を立て食べるポー。
立派なベジタリアンになっています。
ただ、ここで一つ問題が。多分おやつを食べている量というのは去年も今年も
変わっていないと思うのですが、それでも太ったという事は運動量が少なかった
という事なのでしょう。自分ではじゅうぶん歩いていると思っていた散歩ですが
あきらかに短く少なくなっていたのでしょう。
これはイカンと反省して、最近はポーの散歩はジョギングで行くようにしました。
体重が増えて足取りが重くなったポーを引っ張りながら田んぼの畦道を走っていると
横で作業をしていたじいちゃんが「どっちの運動をしょんで〜?」と。
おもわず「両方ともの運動です」答えるとじいちゃんに思いっきり笑われました。
おデブなワンコとおデブなオッサンの走る姿はよっぽど不思議にそしておかしく
見えたみたいです。サッソーと走るワンコとオッサンの姿はいつになったら見えるのでしょう?
とにかく熱者病で倒れないようにだけはしたいと思います。(苦笑)

by matu
by kusobaes | 2013-06-13 20:27 | ワンコ

巣立ち

e0136745_1931634.jpg


チョット前にツバメのヒナの事について書きました。
ヒナを保護したもののコレからどうなるのか・・・うんぬんかんぬんと。
あれから見守っていたら、ちゃんと親達は気づいていて餌を運んでいたみたいです。
ほかの兄弟達よりは成長が遅れていましたが、一週間遅れの昨日ようやく巣立ちをし
無事に飛び回っていました。
親子の絆を感じさせられ、昨日の息子の記事ともかぶり、遅くても見守らなければと
それが親の使命だとツバメに教えられたような思いです。(苦笑)

by matu
by kusobaes | 2013-06-07 19:37 | ハエ日記

あとすこし

e0136745_162927100.jpg


最近新聞の地元版を見ていると中高生の部活動での試合結果が載っています。
自分がやってない競技でも出身校の結果は気になるもので、ついつい追っかけ
見て「残念だったな」とか「うお〜がんばっとんな〜」と言った言葉が
出てしまいます。
息子はボクが出た高校に通っていますので、必然的に新聞を見ながらの会話は
その事になります。息子は現役という事もありクラスメートや同級生たちの活躍を
直に聞いているので裏話的な事も聞け、自分の高校生活を思い出したりしながら
甘酸っぱい思いが蘇ってきます。
そんな同級生の活躍を見ながらも息子自身、コレで負ければ引退という試合がせまり
いつも朝は無口な息子が、試合前の緊張と高揚感から非常に饒舌となり、一人
喋りまくりながら試合へと向かっていきました。
小学生の頃に寝食を忘れてウチ込めれるものが見つかればな〜と思いながら
やりたいと言っていたサッカー部が息子の行った中学校にはなく、しょうがないと
始めた卓球にハマリ進んだ高校でようやく強豪校とチョットだけ言える世界を
体験出来て先輩たちを羨望のまなざしで見ていました。
なんとかレギュラーに食い込もうと頑張っていたのですが、元来の不器用さで
上がる事が出来ず悔しい思いもしていたみたいです。
しかし卓球をする事が好きで好きでやり続けていると、徐々に力が突き出し
レギュラーに入る事がで来ました。レギュラーになれた時の息子の嬉しそうで
いてチョット得意そうな顔が思い出されます。
しかしそれも、再来週の山口県である中国大会で終わりです。
さすがに全国に進む事は無理そうですので、コレで引退でしょう。
コレが終わると進学や就職活動に追われるようになります。
いつまでも高校生をやり続ける訳にはいかないし、就職、進学が大事だというのも
よくわかっているのですが、もう少しやらせてやりたかったです。
引退する息子よりも、親の方が寂しく思う親バカ二人です。(苦笑)

by matu
by kusobaes | 2013-06-06 17:15 | ハエ日記

野生

e0136745_18361728.jpg


今年もツバメがやってきました。
我が家に来るツバメはなぜだか子育てがうまく行かず、一羽ぐらいしか
巣立ちが出来ません。
そもそも産み落とす卵の数が少なく、こんな所にも少子化なのかと思ってしまいます。(苦笑)
そんなへたくそだったツバメも、今年は珍しく多くのヒナ達が孵っています。
しかしここで問題が。このツバメたちが作り上げた巣というのがすごく小さくて浅いのです。
なのでヒナの数が増えると途端に巣の中はギュウギュウとなり、団子状態になりながら
今にも巣から落ちそうになってい手見ているこっちがヒヤヒヤしてしまいます。
そんな中、昨日恐れていた事態が起きました。
一羽のヒナが落ちていました。それをたまたま外出先から帰って来たオカンが見つけ
ギュウギュウになっている巣の横に作られている空き家の巣に入れてやったらしいのですが
親ツバメは気づかず餌をやろうとしません。なんとか親が気づいてくれればと思うのですが
コレばかりはどうする事も出来ません。
自分が保護して育てようかとも思い調べてみましたが、やはり野生の生き物を保護し育てると
言うのはすごく難しいみたいです。そして安易に保護をする事への問題についても
考えて欲しいと真剣に保護をしている方は提言されていました。非常に深い問題です。
人間の手で育てるとその後が野生に返れるかどうか分かりませ。
このヒナが落ちたのは自然界ではしょうがない事なのかもしれません。
ボクにはどうする事も出来ません。せめて速く親ツバメが気づいてくれる事を願います。

by matu
by kusobaes | 2013-05-29 19:15 | ハエ日記